「むらからまちから館」の バラ売り和菓子でお茶タイム


全国の旬な野菜が有楽町に集まる

南から北まで、圧巻のラインナップ

和菓子1

日本全国からさまざまな物産が集まる「むらからまちから館」。もちろん、和菓子のラインナップも充実。中でもチェックしたいのは生菓子だ。

「贈答用の、いわゆる“箱モノ”ではなく、自分が自宅で食べたいものをテーマに揃えているんです」
チーフバイヤーの佐久間さんはそう話す。

その言葉通り、おまんじゅうやお餅などの生菓子が、箱詰めではなく、バラ売りされている棚がある。

和菓子の魅力と言えば、何と言ってもその地域色。旅先で、知らない味に出会った時の喜びはひとしおだ。そのどれもが1個買いできるなんて、うれしいではないか。

めずらしい「みそあん」のかりんとうまんじゅうなどもある。

「有名なものはないかもしれませんが、その土地で食べられているもの、つまり地元でしか売っていないようなものを揃えています」(佐久間さん)

地元の味が楽しめるというところに、なんだかすごいお得感がある。

同じだけど違う!? 和菓子の魅力

和菓子2

ところで、商品が並ぶ棚を見ていると、同じ商品名でも産地の違うものがチラホラ…。

「同じお菓子でも、土地が違えば味が違います。たとえば、全国各地で少しずつ個性が違う“ゆべし”。例えば、餅の食感などが微妙に違うんですよ。また、宮城県の“ずんだ大福”も、同じ宮城県のものですが、生産地が違うものを揃えています」(佐久間さん)

和菓子と言えば外せない草餅も、いくつかの産地のものが棚に並んでいる。同じものなのに地方によって味が独自に進化しているところに、和菓子の奥深さとともに、その地域の味が隠されているようで面白い。

バラ売りだから気軽に味比べができるのもうれしいポイント。全種類制覇して、それぞれの違いを地方別に語れるようになったりしたら、それはもう通です。

故郷の味を懐かしむもよし、友人同士でオススメしあうもよし。1個売りの“地元生菓子”で、お茶タイムは盛り上がること間違いなし!

むらからまちから館

住所 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル 1F
アクセス JR有楽町駅京橋口・中央口から徒歩1分
TEL 03-5208-1521
営業時間 10:30~19:30 (日・祭日は19:00まで)
定休日 年中無休(年末年始を除く)
URL http://www.kotsukaikan.co.jp/product_sightseeing/59/
東京都千代田区有楽町2-10-1
有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。