日比谷シャンテが変わる! エンターテインメント×ショッピングの新時代を創る最新技術とは?


 ©TOHO co., LTD.

2018年3月にリニューアルオープンした日比谷シャンテで、エンタメと消費体験の次世代創造プロジェクトがスタートします。デジタル技術を駆使した便利でエンタメ感溢れる取り組みということで、そんな日比谷シャンテの新企画・新サービスを少しだけご紹介します!

118.5m 等身大ゴジラが日比谷に出現!? 大迫力の新感覚アトラクション

日比谷シャンテを運営する東宝株式会社と日本マイクロソフト株式会社が手を組んだこのプロジェクトは「HIBIYA 2018」という名前がつき(なんて、なんて、そのまんまなんだ…!)近未来のショッピング体験を創ろう、というのが共通テーマ。

そんな中、日比谷の守護神ゴジラが先頭切って一肌脱いだのが、MRとAIを活用した日本初の屋外アトラクションイベント『ゴジラ・ナイト 日比谷ゴジラ迎撃作戦』です。実はかなり限られた人数限定ということで参加申込は終了していますが、ラッキーな当選者の方が体験できるスペシャルイベントがこちら。

 ©TOHO co., LTD.

開催期間は5月24日(木)から29日(火)まで、場所は日比谷シャンテ前のゴジラ広場。プログラムは第一部 会議室での戦略会議から始まります。
MRと呼ばれる複合現実テクノロジー「HoloLens」を使った、映画のような仮想空間。そして第二部 作戦実行では全長118.5mのゴジラが目の前に、日比谷の街に出現!

 ©TOHO co., LTD.

えーと、なんだろうそれは。(笑)
まず「MR」= 複合現実とは、目で見えている現実とデジタル世界を融合した状態のこと。つまり映画でしか見たことのないような景色が、ごっついMRメガネをかけるとすぐ目の前に現れるということなんだそうです。
屋外での臨場感あるMR体験が実現するのは国内初だそうで、どんな感じになるのか、当選していない私は抑えきれない好奇心をどうしたらいいのか! とりあえず、当日はSNSを全力で追いかけたいと思います。

待ち時間ゼロ、会計時間ゼロ♪ 日比谷グルメをもっと便利に楽しむ

日比谷で食事をするときの特徴といえば、他の街以上にお客さんが食事をする時間が集中していること。オフィスに勤める皆さんのランチや残業メシだけでなく、周辺の劇場で舞台を楽しむ(私のような…)人たちが終演後にドッと押し寄せるからです。
そんな時、できるだけ効率的にお店を選んで楽しく飲食できるようにする新サービスがこちら。


マイクロソフト「Microsoft Azure」の人工知能(AI)と、複合現実(MR)の「Microsoft HoloLens」を駆使したサービスで、簡単に言うと「事前に混雑状況がわかる」「お支払いもウェブで」というモノらしい。


館内5箇所のサイネージでレストランなど各店の混雑状況を表示するほか、携帯・PCからもアクセス可能。いち早く体験したい方は、地下2階のRingerHutで2018年6月1日(金)からウェブでの事前注文とお支払いができちゃうスマートサービスを導入するそうです。日比谷シャンテでササッと食事したい時の強〜い味方 RingerHut。入店と同時に熱々のちゃんぽんが出てくるなんて、うん、たしかに嬉しいかも。


加えて映画を観る人には、サイネージから私たちの年齢や性別を分析し、おすすめ映画の予告編を映し出してくれて(!?)、表示された予告編の映画チケットはローソンチケットでも購入できるというサービスも。
これからは何も決めずフラリと日比谷に来てサイネージの前に立ってみる、占いのような映画鑑賞も面白いかもしれませんね!

日比谷といえば劇場。劇場といえば舞台と客席のインタラクティブ。AIによってデータが蓄積されていくということは、従来のアンケートよりもずっと無意識レベルでの趣味嗜好なんかも分析できるようになるということだから、今後は日比谷の街全体がお店と人の間で相互作用するプラットフォームとなり、お買い物をすればするほど自分に合ったサービスが生まれる可能性が高くなる。つまり、日比谷シャンテはどんどん進化する!…ということで合ってますでしょうか。

 

まとめ

劇場や映画館が密集し、非日常と現実が交差するファンタジックな街・日比谷。こういった最新技術もエンタメ度アップ、便利度アップの一助になりそうです。リニューアルオープンを経てますます変わる日比谷シャンテ、注目ですね!

<日比谷シャンテ>
http://www.hibiya-chanter.com

©TOHO co., LTD.

<イベント情報>
ゴジラ・ナイト「日比谷ゴジラ迎撃作戦」開催概要
期間 2018年5月24日(木)〜5月29日(火)
会場 日比谷ゴジラスクエア(日比谷シャンテ前広場)
* イベント応募申込は締切済。当選者以外もHoloLensと新・ゴジラ像と撮影できるフォトブースを利用可。
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/azure/hibiya2018/godzilla.aspx

(取材・文 平野 美奈)

 

平野 美奈

夜明けの劇場 Theatre at Dawn, llc. 代表

東京・丸の内を拠点にカフェ空間を利用した朝活ライブや、都内各地の劇場・エンターテイメントカンパニーとコラボしての体験イベントをプロデュースしている。2014年より丸の内朝大学ミュージカルクラスを企画運営。初観劇は1992年のCATS札幌公演。

theatre-at-dawn.tokyo