有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

晴海でココロとカラダのデトックス!「晴海埠頭客船ターミナル」有楽町お散歩コース


画像01

都内でありながらビーチリゾート気分が味わえる湾岸エリアとして知られる晴海埠頭。今回の有楽町.TODAYオススメの有楽町お散歩コースは「晴海埠頭で海風とたわむれる」編!有楽町から徒歩数分の「銀座四丁目」で都バスに乗車してGO!

有楽町から「晴海埠頭客船ターミナル」へ!「銀座四丁目」停留所から「晴海埠頭」行きに乗車

画像02

バス乗り場は、銀座三越前の「銀座四丁目」停留所。「都03」または「都05」の「晴海埠頭」行きに乗車しましょう!ランチ・ティータイムを勝どき・月島エリアでゆっくりするため、朝早めの出発がオススメです。

画像03

終点で下車し、見上げると、そびえ立つのは「晴海埠頭客船ターミナル」!平成3年、東京港開港50周年を記念して誕生した、国内外の豪華客船が接岸する東京の海の玄関として活躍するターミナルです。客船が入港している日であれば、所定の場所から外観の見学が可能なこともうれしいポイント。公式HPから入港予定スケジュールが確認できるので、ぜひチェックしてみて。

画像04

客船入港がない日であっても、すぐ目の前に広がる海をのぞんで東京タワーやレインボーブリッジを堪能したり、ターミナル内でゆっくりできるので、ちょっとしたバカンス気分に浸れること間違いなし。都内とは思えない別世界に日頃のストレスや疲れも癒やされそう!

都内有数の港の公園「晴海ふ頭公園」で、お散歩・お花見・釣り・バーベキュー・夜景など満喫

画像05

「晴海埠頭客船ターミナル」を楽しんだら、お隣りの「晴海ふ頭公園」へ。お散歩はもちろん、お花見や釣り、夜景デートなど、カップルからファミリーまで幅広く楽しめる港の公園です。

噴水や、樹々が心地よい緑の小道エリアをはじめ、バーベキューが楽しめるため、仲間やファミリーでキャンプのような時間を過ごすこともできます。車で訪れる際には計画してみては。充実したアウトドアライフに目覚めてしまうかも?!

栄養士監修のバランスよいメニュー!「ビーラインカフェ」のカラダにうれしいそば粉ガレット

画像06

再び都バスに乗車し、「勝どき駅前」で下車。とっておきのランチを食べに行きましょう!

やってきたのは、大きくとられた窓が開放感を演出する爽やかな「ビーラインカフェ」。栄養士監修のバランスのよいメニューを取り揃え、中でも自家製ヨーロッパ風クレープ、そば粉ガレットが看板メニューです。

画像07

イチオシは「ニース風サラダのガレット」(コーヒーOR紅茶付き/税込1,550円)。低カロリー・グルテンフリーに加え、栄養バランスも抜群!野菜のボリュームがあるため、ヘルシーなのに食べた感があるうれしい一品!

「晴海トリトンスクエア」でショッピング!リラクゼーションサロンでくつろぐのもGOOD

画像08

ティータイムまで「晴海トリトンスクエア」でショッピング!ショッピング&グルメゾーン・オフィスゾーン・ライフサポートゾーンの3エリアから成る、東京ウォーターフロントを代表する複合施設です。日頃のストレスや、朝から歩きまわって疲れたカラダをほぐすため、リラクゼーションサロンでくつろぐのもGOOD!

「月島カフェ」のオシャレな空間とリーズナブル・美味しいスイーツ&ドリンクでほっこり一息

画像09

有楽町・銀座エリアに戻る前にぜひ立ち寄ってほしいのが「月島カフェ」。ランチタイムもオススメですが、ぜひティータイムに特製ドリンクとスイーツを味わいに訪れてみて。

画像10

スイーツは、「ケーキ各種」(税込500円)を。驚きのプライスですが、ドリンクとセットでオーダーするとさらに50円引きになるおサイフへのやさしさ!見た目も愛らしく、ビタミンたっぷりの「ベリーソーダ」(税込700円)との組み合わせが女性にはピッタリです。

有楽町からわずか数十分で訪れることができる晴海エリア~勝どき・月島エリア。知っているようで知らない、東京の自然風景が広がっています。ココロとカラダにうれしい、「晴海埠頭」お散歩コースでデトックスしてみて!

Page Top