有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

有楽町からバスでスカイツリーへ!東京の夜景を満喫する有楽町お散歩コース


画像01

開業以来、大人気の東京スカイツリー。そんな東京屈指の観光スポットに有楽町エリアからバスで行けることをご存知ですか?今回の有楽町.TODAYオススメの有楽町お散歩コースは「東京スカイツリーをめぐる」編!夕方前に出発して夕景から夜景のタイミングにあわせましょう!

有楽町から目指すは「東京スカイツリー」!「すみだ水族館」で愛らしい海の生物にほっこり

バス乗り場は、銀座三越前の「銀座四丁目」停留所。「業10」の「とうきょうスカイツリー駅前」行きに乗車しましょう!乗車時間は約1時間なので、15時~16時頃までに出発するのがベストです。

画像02

まだ日が暮れる前なので、まずは「すみだ水族館」で海の生物たちの愛らしさと触れあってみて。都バスならベビーカーでも移動がラクだし、ママ友同士やファミリーにも最適です!

見応えバツグンの注目スポット!“新たな下町”のにぎわいに大満足できる「東京ソラマチ」

画像03

水族館から出てくる頃には、夕焼けに染まる東京スカイツリーが眺められるはず。ゆっくり目に焼きつけたら、「東京ソラマチ」へ。

東京スカイツリーと並んで話題のショッピングモールは、312店舗が集う見応えバツグンの注目スポット。ココならではのショップも多いので、おサイフのヒモをゆるめながら楽しみましょう!

大人も子どもも大好き!ポテトでおなじみ、カルビーの「カルビープラス ファームダイニング」

画像04

「そろそろお腹がすいたね」と意見が一致したら、「カルビープラス ファームダイニング」へ。ポテトチップスでおなじみのカルビーのダイニングだけあって、自然の恵みを活かした魅力たっぷりのメニュー揃い。広々とした店内は、子ども連れやベビーカーでも余裕です!

画像05

ぜひオーダーしてほしいのは、ポテト料理の中でも「ポテトとトルティヤ いろいろディップを楽しむ一皿」(税込800円)。バリエーションに富んだポテトはできたてホヤホヤ!5種類のこだわりソースから3種類がチョイスできるため、好みの味わいを。

チーズのバリエーションに驚き!「チーズガーデン」のフロマージュブランに舌鼓

画像06

やっぱりスイーツはマスト!ということで足を運んだのは、名前の通り、チーズケーキとチーズをメインに取り扱う「チーズガーデン」。物販スペースを併設したカフェはセルフオーダーシステムのため、手前のレジでオーダーしてから奥に広がるカフェスペースへ。

画像07

チーズケーキアソートをはじめ、パフェやカップインスープ、ピザまで!メニューを眺めて目移りしながらも、今回はケーキ・ドリンクセットから「フロマージュブランドリンクセット」(税込750円)をセレクト。ふわふわの食感とやさしいチーズの味わいは多幸感いっぱい!

夜の表情はまた別人!鮮やかな姿で魅せる「東京スカイツリー」を堪能するとっておきの時間

画像08

とっぷりと日が暮れて夜景が楽しめる時間になったら、再び外に出てみましょう。その時々で移ろうように表情を変える東京スカイツリーは、まるで人間のよう。

日本の叡智を結集し、最新鋭技術によって完成した東京スカイツリーが多くの人に愛される理由が、きっとわかるはず。せっかくだし、あらゆる角度から味わってみて。

うまいものセレクトショップ「久世福商店」のとうふドーナツをおみやげに家路につく旅気分

画像09

帰る前におみやげをお忘れなく!「東京ソラマチ」に戻って、「久世福商店」へGO!“日本全国のうまいものセレクトショップ”として、腕利きバイヤーたちが日本全国を飛びまわり、“本当においしいモノ”をつくる生産者との出会いによって誕生した逸品を取り揃えています。

画像10

「アレもコレも」と買い求めたくなる店内にワクワクしながら、メディアでも紹介され大人気の「とうふドーナツ」を。中でも、「信州産とうふ」(税込130円)「つぶつぶ苺」(税込160円)は外せません!

旅気分にも浸れる「東京スカイツリー」をめぐる有楽町お散歩コース。都バスを利用するだけで、いつもとは違った景色が浮かび上がってきます。東京の街がもっと好きになれそう!

Page Top