讃岐に博多も!有楽町で食べられる日本各地のうどん5選


地域ごとに麺の太さや出汁の味、食べ方が違うなど、奥が深いうどん。有楽町today編集部が厳選した「有楽町エリアオススメのうどん5選」特集です。

有楽町ガード下の「木屋」

連日、近隣のサラリーマンやOL、買い物客でにぎわう「木屋」。有楽町ガード下にあり、明るく開放感があるお店。
ランチメニューが豊富で、中でもおすすめなのが「ぶっかけ胡麻ねぎうどん定食」(税込940円)。胡麻がたっぷりと入っただし汁は香ばしさがやみつきに。
胡麻とネギの薬味がシンプルなうどんを盛りたてます。

有楽町ガード下名物「慶屋」スパイシーなカレーうどん

有楽町ガード下の名物屋台「慶屋」は、オーダーが入ってから手打ちの生麺をゆであげるスタイル。
1番人気は看板メニューの「カレーうどん」(ごはん付・税込600円)。少しやわらかめの生麺に絡む、スパイシーなカレーの風味と和風出汁がマッチ。絶妙なとろみがたまりません。

讃岐以外では初出店!有楽町「たも屋」讃岐うどんと骨付鳥

さぬきうどん店の中でも、四国以外では有楽町エリアのみで展開している「たも屋」。
本場、讃岐の味が東京でも味わえる貴重な専門店。

ここでは「ぶっかけうどん」(税込270円)に、税込110円〜食べられる天ぷらも楽しみ。
「ちくわ天」、「かぼちゃ」(各税込110円)をチョイス。一口食べた後に、出汁に浸して食べると一度で二度美味しさが味わえます。
夜は讃岐のご当地メニュー「骨付鳥」などが提供されるのでこちらもチェック!

観劇時にぴったり!帝劇ビルで「丸亀製麺」が食べられる!

リーズナブルにうどんを味わえる「丸亀製麺」。都会のど真ん中、帝劇ビルB1Fにもあるんです。
帝国劇場・宝塚劇場・日生劇場の観劇時にサクッと立ち寄って腹ごしらえはいかが?
うどんに限らず、定食メニューも充実。「親子丼定食」(親子丼(中)と、うどん・税込780円~)もおすすめ。

東京交通会館「博多うどん よかよか」本場のかしわうどんを堪能

関東では珍しい博多うどんの専門店「博多うどん よかよか」。「ごぼ天うどん」、「まる天うどん」(各税込600円)など本場を代表するメニューが揃っています。
九州北部の定番といえば、「かしわうどん」(税込600円)。鶏肉の細切れを鶏肉の出汁で甘辛く煮てうどんの上に散らした具に、やさしいお出汁、博多うどん独特のやわらか麺がベストマッチ!

各店オリジナルのこだわりが感じられ、メニューも豊富なので、足を運ぶたびに日本を旅した気分になれそうです。

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。