【必見】有楽町エリア「絶品ハンバーガー」おすすめ5選


gazou01

ファストフードからグルメ系にシフトし、“グルメバーガー”が市民権を得た今、本当に食べたいのは“おいしい”にこだわったハンバーガーです。そこで今回ご紹介するのは、有楽町.TODAYが厳選した「有楽町エリアオススメのハンバーガー5選」!腹ペコ男子もグルメ女子も納得の5店舗をピックアップしました!

リーズナブルでボリューム満点!「ゼストキャンティーナ」は肉汁たっぷりアメリカンバーガー

gazou02

有楽町・銀座一丁目・銀座・京橋の4駅からアクセス可能な好立地、G-Zone銀座内の「ゼスト キャンティーナ」。アメリカ南西部料理=オリジナル“テックス・メックス料理”が話題です。

お得すぎて驚いてしまうと大好評のランチセットの中でも「US プレミアムビーフバーガー」(税込1,000円)をぜひご賞味あれ。「肉を食べている!」が実感できる、したたる肉汁が存分に満喫できるド迫力のおいしさが自慢です。ボリュームがあるので腹ペコで足を運んで。

東急プラザ銀座10F「Bareburger(ベアバーガー)」は大人のためのグルメバーガー

gazou03

ニューヨーク生まれの“カラダにやさしく美味しいグルメバーガー”「Bareburger(ベアバーガー)」。「東急ストア銀座」10Fの好立地で人気を集める、有楽町エリアのニューフェイスです。

平日16時までの日替わり「BE MY LUNCH」に注目。特にメインが「ビッグブルー」の日はぜひオーダーしてみて。オーガニックビーフに、ブルーチーズとカリッとしたカントリーベーコン、スタウトオニオン、トマトフィグジャムで“大人のチーズバーガー”が堪能できます。

ジェットセッターがお手本!「モノクルカフェ」香ばしいオニオンとパテのバランスがGOOD

gazou04

「阪急メンズ東京」が掲げる“ジェットセッター”とコンセプトが合致し、同店オープンと同時に出店された「モノクルカフェ」。メンズ館ながらも女性客も多く、利用しやすいカフェです。

肉厚のパテとボリュームたっぷりのオニオンが目を引く「ハンバーガー」(税抜1,030円)は、ハンバーガー好きならずとも食べておきたい一品。ぜいたくな厚みに旨みがギュッとつまっており、特製ソースとも絡まって“食べてる感”がしっかりと味わえます。

より健康的に!ベジタリアンも安心のヘルシーメニューにも注目したい「The Pantry丸の内」

gazou05

テーマは「毎日の食事を、より健康的に、よりおいしく」。日本初のグルメハンバーガー&サンドイッチレストラン「Homework’s」のニューコンセプトブランド「The Pantry丸の内」。

口コミ人気も高いオススメは「チーズバーガー」(90g税込950円/150g1,550円)。本場アメリカのチーズバーガーに大満足できるはず。肉を使用しないべジーバーガーやオーダーメイドサラダなどベジタリアンも安心できるヘルシーメニューも大人気です。

デザートも必見!「SHAKE SHACK(シェイクシャック)」はホットドッグにも注目

gazou06

1台のホットドッグカートから出発した「SHAKE SHACK(シェイク シャック)」は、世界中の人々に愛され大人気に。日本3店舗目が東京国際フォーラム地上広場で注目されています。

ホットドッグもオススメながら、「シャックバーガー」(シングル・税込680円)は外せません。独自の製法で配合されたアンガスビーフ100%のパテが新鮮で、シャックソースとチーズとのバランスもGOOD。サイドメニューやデザートも豊富に取り揃えられています。

本物志向のグルメバーガーこそ、妥協をせずに味わいたい。そんな気分にもしっかりと応えてくれる実力派がそろう、有楽町エリアのオススメハンバーガー。食べ比べもたのしそう!。

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。