大曲の花火大会でおなじみ!特産品が集結した「大仙市ふるさと物産フェア2016 in 有楽町」


gazou01

大曲の花火大会をはじめ、観光スポットやご当地グルメなど魅力たっぷりの秋田県大仙市。そんな大仙市の特産品が一堂に会した「大仙市ふるさと物産フェア2016 in 有楽町」が、去る11月11日(金)~12日(土)、有楽町駅前広場で開催されました!

有楽町駅前広場に秋田県大仙市がやってきた!自然の恵みに育まれた食文化と特産品の宝庫

gazou02

2005年、大曲市と仙北郡地域の1村+6町+1市による計8市町村が合併し、誕生した秋田県大仙市。花火が大好きな大曲の人々により名物となった花火大会は、毎月どこかで実施されているため、四季折々の異なる打ち上げ花火が1年中楽しめる地域として全国的に知れわたりました。

gazou03

中でも、明治43年にはじまった大曲の全国花火競技大会は、毎年70万人を超える観光客でにぎわう風物詩。国指定名勝の旧池田氏庭園や、本格的な陶芸体験ができる四季の森など、見どころも満載で、自然の恵みに育まれた米・野菜・酒などの食文化も豊か。目移りするほどの豊富な特産品が話題です。

ご当地グルメ大集合!新鮮野菜やいぶりがっこ、銘酒まですべてそろったワクワク感満載フェア

gazou04

今回開催された「大仙市ふるさと物産フェア2016 in 有楽町」は、大仙市が誇る特産品が並び、食文化やご当地グルメなどを紹介するだけでなく、花火や大仙市の映像放映、花火玉オブジェ展示など、秋田県大仙市の魅力が凝縮された注目イベント。次から次へと人が訪れ、試飲や試食をしながら買い物を楽しむ姿であふれかえりました。

gazou05

りんご・きゅうり・里芋をはじめとした新鮮な野菜はもちろん、名産としておなじみの稲庭うどん、いぶりがっこのコーナーには人垣ができるほど。

gazou06

地酒コーナーでは、試飲でほろ酔いゴキゲン?!な方々が銘酒を買い求め、素材を活かしたとうふカステラ、酒まんじゅうなど菓子類は、子ども連れのママもホクホク顔でした。

gazou07

キッチンカーでは「納豆汁」(税込500円)がふるまわれ、温かな湯気を立てながら味わう様子が印象的。ココロもカラダもあたたまるご当地グルメにほっこりするひとときです。

イベント期間中、大仙市のゆるキャラ・まるびちゃんも定期的に登場し、大人から子どもまで大満足だった「大仙市ふるさと物産フェア2016 in 有楽町」。ぜひこの機会に風光明媚な秋田県大仙市にお出かけしてみて。

大仙市ふるさと物産フェア2016 in 有楽町

場所 有楽町駅前広場
日程 2016年11月11日(金)12:00~19:00
12日(土)11:00~18:00
*イベントは終了いたしました。
アクセス JR有楽町駅 駅前
地下鉄有楽町駅 徒歩1分
地下鉄銀座駅 徒歩3分
URL http://www.yurakucho-kyogikai.org/news/update162.html

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。