有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

築地本願寺をめぐるグルメな一日!「又こい家」「Café Ohana」「甘味おかめ」で楽しむ有楽町お散歩コース


画像01

朝ごはんもすっかり名物となった築地市場や、築地本願寺がある築地エリアは、有楽町から散歩がてら訪れることができる見逃せないコースです。そこで今回の有楽町.TODAYオススメの有楽町お散歩コースは「築地本願寺をめぐるグルメ」編!ぜひ豊洲移転前に!

有楽町から歩いて至福の築地朝ごはん!天然南まぐろの美味しさをじっくりと堪能「又こい家」

画像02

晴海通り沿いを歩くこと約15分。新鮮な海の幸をいただける築地の店舗は、大きくわけて、築地四丁目交差点から広がる場外と、築地市場の中で営業する場内の2エリア。どちらも美味しい飲食店が多いことで知られていますが、今回は場外の入口すぐにある「又こい家」へ!

画像03

天然まぐろの専門店として、まぐろづくしの丼メニューを数多く用意している同店は、メディアで取り上げられることも多い人気店。中でも、「又こい丼」(税込980円)は、赤身・中落ち・ネギトロがすべていただけるお得感がたまりません。

約350年前の築地埋め立て工事を守護した稲荷大神を祀る、災難・厄除けの「波除稲荷神社」

画像04

「又こい家」で築地朝ごはんの幸せを味わってから、「波除稲荷神社」へ。「災難を除き、波を乗り切る」波除稲荷として、災難除・厄除・商売繁盛などの御神徳に崇敬が厚く、四代将軍家綱公が手がけた築地工事を守護して以降、多くの人が参拝する築地の守り神として知られています。

画像05

中央区文化財に指定された「獅子頭一対」は圧巻の一言!ほかにも、数々の貴重な文化財が保管されており、見応えがある稲荷神社として愛されています。

築地を訪れたら必ず立ち寄りたい、重要文化財指定の由緒正しい仏閣「築地本願寺」

画像06

築地といえば、築地市場と並んで広く知られているのが「築地本願寺」。京都の西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派で、2014年に重要文化財に指定された由緒正しい仏閣です。

画像07

建築物としての魅力あふれる外観、ため息がもれるほど荘厳な本堂。ご祈祷を行っていないときは本堂の写真撮影もOKという懐の深さも魅力です。関東のパワースポットとしても注目を集める「築地本願寺」は、お散歩コースとしても外せません!

“カフェごはん”が楽しめる居心地のよい別世界はお気に入りになるはず「Café Ohana」

画像08

ゆっくり築地をみてまわったら、再びテクテク歩いて有楽町方面へ。ちょっと早めのランチに最適なのは「Café Ohana」。ビルの4Fとは思えない居心地のよい別世界は、お気に入りのスペースになること間違いなし。

画像09

メインにサラダ・ライスがセットになった見た目も愛らしいワンプレートランチは、「ハンバーグ」(税込1,050円)をチョイス。コーヒーOR紅茶もついたお得な“カフェごはん”でほっこりしたひとときを!

和の空間に身をゆだねながらいただく、上品でまろやかな和スイーツ「甘味おかめ」

画像10

“甘いモノは別腹”とはよくいったもの。銀座から有楽町の街歩きをしたり、「西銀座」「プランタン銀座」「マロニエゲート」などでショッピングを楽しんだら、帰る前に「有楽町イトシア」1Fの「甘味おかめ」に足を運ぶことをお忘れなく。

画像11

ガラス張りのエントランスをくぐると、旧来の工法で施工した重厚な民家造りが。どこかなつかしさを感じる“和”の空間に身をゆだねながらいただく和スイーツ。桜のシーズンには「桜あんみつ」(税込860円)など、季節限定メニューも。サッパリとした甘みをゆっくり楽しんで!

築地本願寺を中心に、美味しいモノをいただきながらゆっくりお散歩するひととき。忙しい毎日をちょっとエスケープして、ストレスリリースとお疲れほぐしにどうぞ。

Page Top