有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

いつもと違うランチやティータイムはいかが?「日比谷公園」「ザ・ペニンシュラ東京」で楽しむ有楽町お散歩コース


トップページアイキャッチ・画像01

ヒンヤリした空気が増してきたとはいうものの、天気がいい日中は絶好のお散歩日和。せっかくだし、美味しいお弁当を買い求めて、お散歩しながら青空ランチしませんか?有楽町.TODAYがオススメする有楽町お散歩コース。今回は、「有楽町イトシア」でお弁当を購入するところからスタートです!

女子ゴコロをくすぐる美味しいお弁当が大人気!「有楽町イトシア」B1F「バインセオサイゴン」

画像02

グルメ店舗に定評がある「有楽町イトシア」の中でも、女子ゴコロをくすぐってくれる美味しくてリーズナブルなお弁当が大好評の「バインセオサイゴン」。B1Fにある同店は、日本人の舌に合うメニューを取り揃えたベトナム屋台料理を提供するお店。他店ではなかなか味わえないメニューが並んでいることも人気のヒミツです。

画像03

オススメは「日替わりベトナム屋台定食」(税込540円)「鶏もものはちみつ風味」(税込650円)。このほか、「フォー炒め」(税込650円)「辛口海老と野菜のカレー」(税込540円)など、常時10種類前後に加え、サイドメニューまで販売されています!

都会のオアシスのベンチで楽しむ青空ランチは格別の味わい!「日比谷公園」

画像04

好みのお弁当を買い求めたら、地上にあがり、「阪急メンズ東京」「ルミネ有楽町」の間を抜けて晴海通りへ。道幅が広くとられた歩道を日比谷方向に歩いていくと、「日比谷公園」に到着です。

画像05-候補1

都心の一等地であることを忘れてしまうほど、広々とした園内は美しい木々や草花に囲まれたまるで都会のオアシス。いたるところにベンチが設置されているので、その日のキブンでくつろぎスペースを決めてみて。穏やかな静寂に包まれながらゆっくりお弁当を味わっていると、日々のストレスも解けていきそう。

洗練されたアフタヌーンティーを堪能!「ザ・ペニンシュラ東京」1F「ザ・ロビー」

画像06

青空ランチを楽しみ、園内を散策したら、とっておきの優雅なティータイムを。「日比谷公園」から通りを挟んだ向かい側にそびえるのは、世界的ラグジュアリーホテル「ザ・ペニンシュラ東京」。同ホテル1Fにある「ザ・ロビー」は、明るく開放的な空間に花火・蛍をイメージしたシャンデリアが美しいスペース。

「アフタヌーンティーセット」(税込3,900円)はぜひ一度は味わっておきたいオススメメニュー。伝統的な英国式3段シルバースタンドを使用し、アフタヌーンティーの定番であるスコーンだけじゃなく、サンドイッチやプロシェットなどもセレクトできる洗練されたコースです。

もちろん、軽くコーヒーや紅茶だけでもGOOD!上質な空間で気持ちよく過ごすひと時を満喫してみて。

いつもとはちょっと違ったランチ・ティータイムを楽しむだけで、翌日からの仕事もはかどるかも?!ひとりでゆっくりと、女友だちと和気あいあい、カップルで仲良く。そのときによって見える景色も変わってきそう。ストレスリリースに、気晴らしに、お散歩コースオススメです!

Page Top