【イベントレポート】「有楽町の魅力や楽しみかたとは?」アトリエムジに有楽町.TODAY編集部が登場!


mainimg_asobitomanabi_150714
さまざまな顔を持ち合わせる有楽町は、その昔、日劇や宝塚劇場、大手各新聞社が集まっていたこともあり、文化の発信拠点として長らく栄えてきました。時を経て、新たな顔ぶれが揃いながらも個性を発揮するその姿は衰えることを知りません。「そんな有楽町の魅力や楽しみかたとは?」有楽町で発信を続ける「ATELIER MUJI(アトリエムジ)」のExhibition(エキシビション)のひとつ、「縁側談義」テーマ4「有楽町の楽しみかた 今昔」が、7月30日(木)17:00~19:00(受付16:30~)に開催されます。

「無印良品有楽町店」2Fで展開する「アトリエムジ」の夏休み企画「縁側談義」

かつて宝塚劇場があった地に居を構える「無印良品有楽町店」。インフォス有楽町1~3Fにあり、いまや世界中で大人気となった無印良品の店舗の中でも最大規模を誇る旗艦店として好評です。

その2Fで展開しているのが「ATELIER MUJI(アトリエムジ)」。自然と人、暮らしにフォーカスし、人々のライフスタイルに溶け込む心地よい提案を得意とする無印良品のアトリエらしく、「人と生活とモノ」を見つめるイベントを開催しています。

透明感あふれる真っ白な空間が印象的なアトリエムジが打ち出した今回の企画は、「縁側談義」と名づけられた、その名の通り「縁側で語らいあう」イベント。夏休みのひととき、アトリエムジが縁側になり、ちょっと腰かけて美味しいコーヒーを飲みながら、ひとつのテーマについてみんなで話しあおうというココロくすぐられるゆったりとした企画です。

「L PACK」「有楽町.TODAY編集部」のコラボでお届けする有楽町を語らいあうひととき

テーマ1~テーマ6で構成される同企画のテーマ4で登場するのが、当サイト「有楽町.TODAY」を運営する編集部。有楽町エリアに特化し、店舗情報や街の風景など最新情報の発信はもちろん、歴史や文化などノスタルジーな雰囲気も残る有楽町の魅力を日々お届けするWEBマガジン編集部が知り尽くす、有楽町という街の魅力や楽しみ方、昔と今の違いやおもしろさをお伝えします。

img_asobitomanabi_150714_artist01

縁側ゲストのパートナーは、同企画テーマ1~テーマ6すべてにジョインするアーティスト「L PACK」。小田桐奨氏・中嶋哲矢氏による「現代美術ユニットでありコーヒー屋」というユニークな顔をもつ彼らは、各地の国際芸術祭でのプロジェクトも展開しながら焙煎コーヒーの販売を手がけるマルチな才能を発揮しています。

「L PACK」と「有楽町.TODAY編集部」という異色のコラボレートによる、有楽町の魅力を語らいあう味わい深いひととき。知れば知るほど惹きつけられ、もっと知りたくなる、もっと親しみたくなる有楽町。コーヒーを片手にゆったりとした楽しい時間をともに過ごしてみませんか?