有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

有楽町駅前地下広場で「モンゴル」を楽しもう!


画像01

(このイベントは終了しました。)

大相撲の横綱・白鵬関をはじめとした力士の活躍により、日本でもすっかりお馴染みになったモンゴル。遊牧民族が暮らす雄大な国土で知られていますが、現在、砂漠化が進み、森林が不足する中で環境汚染が深刻化しつつあります。そこで、NPO法人日本モンゴル親善協会により、有楽町駅前地下広場(有楽町イトシアB1F前スペース)にて「楽しみながらモンゴルを知り、参加してほしい」という主旨でチャリティー特別ショップが開催されています!

有楽町駅前広場にモンゴルのハンドメイド製品をはじめ、マレーシアの食材や中国のアクセサリーなどがズラリ

画像02

日本とモンゴルは友好都市・姉妹都市提携をしている自治体も数多く存在し、お互いが友好国。とはいえ、まだまだ日本では知らない人も多いことから「モンゴルの伝統的なハンドメイド製品の素晴らしさ、愛らしさを知ってもらいたい」と、日常使いできる革小物などが販売されています。

画像03

日本の製品とはまたちょっと違った素材やデザインのサンダルは男女問わずおすすめ。子ども用の靴は可愛らしさがたまりません!インテリアとして飾っておくだけでも新鮮なアクセントとなって風景が変わりそう。

画像04

モンゴルを中心にアジア各国との事業に携わるNPO法人日本モンゴル親善協会代表の柳澤理事長は、「アジアはみんな助けあって仲良くしていかないといけない。いがみ合うのではなく、それぞれが困ったときにはお互いに自然と助け合いながら“世界に誇れるアジア”に」と語ってくださいました。

画像05

そんな想いもあって、チャリティー特別ショップにはマレーシアのカレーや中国のハンドメイドアクセサリーなどもズラリ。マレーシアのカレーは、モスリム(イスラム教徒)の方でも食べられる世界基準のハラル認証をうけており、伝統的なアジア料理を食卓で気軽に味わえるようレトルトにした本格派。

画像06

モンゴルをはじめとしたアジアの商品は、どれも買い求めやすい価格で提供されています。ギフトにもおすすめの商品ばかりで、「どれにしようかな?」と目移りしそう!

日本各地の農産物まで!新鮮な野菜やフルーツを流行りのマルシェスタイルで楽しみながら購入

画像07

アジアのハンドメイド製品だけでなく、同チャリティーショップでは群馬県嬬恋村や秋田県五城目町などが生産した日本各地の農産物が買い求められます。最近新たに見直され流行になっている、生産者などと直接会話しながら新鮮な野菜やフルーツを購入できるマルシェスタイルが有楽町駅前地下広場で楽しめます!

画像08

愛媛県で「西の香」「ポンカン」を交配し新種改良した話題の「甘平(かんぺい)」なども並び、いずれも生産者が腕によりをかけて作った自信作ばかり。しかも、おサイフにもやさしいリーズナブルな価格設定!

画像09

楽しく買い物しながら、モンゴルをはじめとしたアジア各国や日本の農産物を知り、モンゴルの植林支援に貢献する。ライフスタイルを豊かにしながら気軽に参加できる特別チャリティーショップに足を運んでみて!

Page Top