有楽町・銀座で味わう名古屋伝統のうなぎ料理!東京で貴重な味を提供する「ひつまぶし名古屋備長」


画像01

日本人に人気が高く、古くから愛されてきたうなぎは、土地によって伝わる調理法の違いが楽しめることでも知られています。ところが、東京で関東風以外のうなぎ料理を提供するお店となると、なかなか見つからないもの。そこでぜひ知ってほしいのが「マロニエゲート」12Fの「ひつまぶし名古屋備長」。名古屋の伝統的なうなぎ料理がいただける貴重なお店です。

有楽町・銀座のオススメ店!美しい展望も楽しめる、こだわり尽くしの本格派名古屋うなぎ料理

画像02

ひつまぶしとは、蒲焼にしたうなぎの身を切り分け、おひつなどに入れたご飯にまぶしたものを基本スタイルとする名古屋の郷土料理。そのまま鰻飯としていただくことはもちろん、薬味やお出汁でお茶漬けにしたり、味の変化を楽しめるのも魅力です。

東京と名古屋の大きな違いは、東京は蒸してから竹串を使って焼き、名古屋は蒸さずに金串を使って焼くこと。このため、名古屋のうなぎは、表面のパリッとした食感がより味わえるので、名古屋への旅行や出張で口にして以来、好んで食べるようになった人も少なくありません。

画像03

本場のあの味を東京で提供しているお店にはなかなか出会えない中、「マロニエゲート」12Fで展開する「ひつまぶし名古屋備長」は、名古屋に本店を構える本格派。舌が肥えた常連客をはじめ、幅広い年代に高い評価を受けています。

旨みを存分に引き出す美味しい焼き上げ方を会得したプロの調理人によるうなぎは、思わず知らずの内にうなってしまうほど。最上級のたまり醤油、厳選された砂糖とみりんを使った秘伝のタレなど、すべてにこだわりが詰まっています。

また、「うな重」「うな丼」「長焼」をはじめ、あらゆるメニューが提供されており、関東風とはひと味違った名古屋ならではの味わいをじっくりと楽しめることもポイント。美しい展望を堪能しながら、名古屋のうなぎに親しんでみて。

お酒のお供にも最適!有楽町・銀座でじっくり味わいたい、名古屋に伝わるうなぎ料理の数々

画像04

数あるオススメの中から、定番の「ひつまぶし」「うな重」「うな丼」以外で、「白焼」(税抜2,750円)はぜひ賞味したい一品。調味料やタレ、油などをつけずに直火焼きしており、より一層、うなぎの香りや味わいが楽しめると好評です。

画像05

「う巻」(税抜1,280円)は、温かいおつまみとしてお酒のお供に最適。「うなぎと卵がこんなに合うなんて!」と驚いてしまうはず。やさしい味わいにホッとしながらもお酒が進むうれしい一品料理です。

画像06

香ばしいほろ苦さがクセになり、オーダーする人が多いのは「肝焼」(税抜880円)。炭火で焼きあげているため、絶妙な香りと旨みが引き立ちます。

上品な空間も印象的な「ひつまぶし名古屋備長」。ひとりでフラリと立ち寄ったり、デートや友人同士で過ごすのはもちろん、懇親会や接待で利用するのにもオススメです。日頃口にしている関東風うなぎとはまた違った名古屋名物のうなぎ、まずはぜひ味わってみて。

ひつまぶし名古屋備長

住所 東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート12F
アクセス JR有楽町駅から徒歩3分
TEL 03-5159-0231
営業時間 月~木・日・祝日 21:30
金・土・祝前日 22:00
※うなぎがなくなり次第閉店
定休日 なし(マロニエゲートに準ずる)
URL https://www.marronniergate.com/pc/shop/bincho/index.html

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。