有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

【有楽町グルメレポート】九州の旨いもんを味わい尽くせる有楽町産直飲食街の名物店「九州 都久志屋」


画像01

“有楽町ガード下を中心とした美味しい飲食店”をレポートする「有楽町グルメレポート」。今回ご紹介するのは「九州 都久志屋」。地方のおいしいものを東京へ」のコンセプトで誕生した「有楽町産直飲食街」にあるお店。“九州の旨いもんを味わい尽くす”をテーマに選りすぐりの九州自慢料理が揃う同店をレポートします!

九州の選りすぐりが集結する「旨いもん」を目当てに通いたいお店

画像02

有楽町駅日比谷口改札を出て、ガード下に沿って日比谷方面へ歩くこと3分。ガード下に立地する「有楽町産直飲食街」は、その一角だけちょっとした別世界。地域活性化を目的とした横丁プロジェクトとして誕生して以来、「美味しいお酒と食事を楽しみたい!」という人でにぎわう人気スポットです。

日本各地から集結した7店舗がひしめく横丁だけあって、その日の気分でお店を選べる充実ぶり。この日は「宮崎地鶏」の文字に惹かれて「九州 都久志屋」に入ることに。

“九州の旨いもんを味わい尽くす”をテーマに、九州全土から選りすぐりの食材を使用した料理を提供する同店。食の美味しさに定評がある九州地方だけあって、否が応でも期待値はアガります。

画像03

この日はランチタイムに足を運んだため、スタッフからランチメニューの提示が。メニューを見ると「宮崎県産霧島鶏使用」の文字が目に飛び込んできました。宮崎といえば地鶏王国。本場の地鶏を使用したさまざまなメニューが並び、それらがほぼすべて1,000円未満でいただける良店。一気にテンションアップです!

「親子丼定食」や「チキン南蛮定食」など目移りする中、今回は大好物でもあり同店メニューの中でも大好評の「唐揚定食」(税込900円)を頼みました!

宮崎県産霧島鶏のたまらない美味しさ!肉汁が溢れでる最高の唐揚定食!

画像04

オーダーしてから待つことわずか数分で揚げたてアツアツの唐揚げが乗った唐揚定食が登場!「わーっ!」と声があがってしまうほど、プリプリの宮崎地鶏がたまりません。見るからにジューシーです。

画像05

口に含むと、霧島鶏のジュワッとした肉汁が溢れでます。揚げ方もGOOD!唐揚げ好きならずともぜひオーダーしてほしいオススメ定食です!

唐揚げとセットで、ご飯・白湯スープ・漬け物・小鉢まで付いてくるオトクメニュー。この日の小鉢は、福岡名物の明太子。ご飯が進む程よい辛さで美味でした!

唐揚げや明太子は言わずもがな、ご飯の美味しさに感激!メニューを見てみると、米処・岩手県石巻産のお米を使用しており、玄米で仕入れ、店内で精米し、羽釜で炊いたこだわりのご飯だそう。なんと九州と東北のコラボレーション!得意分野が活かされたうれしい一品でした。

九州 都久志屋

住所 東京都千代田区有楽町2-1-1 インターナショナルアーケード
アクセス JR 有楽町駅 銀座口出口より徒歩6分
有楽町線 有楽町駅 D6番口より徒歩6分
銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅C1番出口より徒歩3分
日比谷線・千代田線 日比谷駅A4番出口より徒歩4分
TEL 03-3591-7222
営業時間 年中無休、24時間営業
URL http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/floorplan/shinkei/index.html

Page Top