「シンガポール・シーフード・リパブリック」でリゾート気分!


シンガポール・シーフード・リパブリックの店舗外観

内観

天井まである大きな窓からは、銀座・有楽町の街が広く見渡せる。モノトーンのペイントが施されたスタイリッシュな店内には、開店と同時に、大勢のお客さまが、なだれ込むように訪れる。マロニエゲート11Fにある、人気店だ。シンガポールにある現地の有名店4店と提携し、レシピを共有している。

生きたまま輸入する新鮮な「マッドクラブ」

中でも力を入れているのは、生きたまま直輸入する「マッドクラブ」というカニ。

マッドクラブ

「マッドクラブはすぐに鮮度が落ちてしまうので、生きたまま仕入れることが何より大切なんです」(店長の真木さん)

これまで生きたままの輸入は難しく、日本では“幻の高級ガニ”と呼ばれていたマッドクラブ。さまざまな手をつくして、現地からの調達ルートを確保し、安定供給を可能にした。流通コストは相当なものだが、カニは鮮度が命。2日に一回、新鮮なマッドクラブが店に届く。

「生きたマッドクラブが食べられるのは、日本ではうちだけです」(真木さん)

店頭の水槽には、サイズもさまざまなイキイキしたカニが揃い、さまざまな料理法で楽しめる。自ら水槽に足を運び、好きなカニを指定するお客さまもいるのだとか。

30種を越える料理が楽しめる、圧巻のランチビュッフェ

ランチビュッフェ

ランチビュッフェの充実感はすごい。サラダ、前菜、メイン、ライス、デザートまで、30種類を超えるメニューが楽しめる。シンガポールには中国をベースに、タイやマレーシア、インドネシアなど、さまざまな国の文化が流れこんでおり、食文化も多彩。

その食文化がまるごと楽しめるのが、このランチビュッフェだ。ナンプラーやXO醤、ココナッツやさまざまなソース。思いつく限りのアジアンテイストが、ここにはある。聞きなれないメニューでありながら、食欲をそそられる料理がこれでもかと並ぶ。

ヌードルバー

ビュッフェにはヌードルメニューもある。スパイスの効いた東南アジアの麺料理は、女性にも大人気だ。
米の麺はすぐに伸びてしまうため、作り置きはしないのも、こだわりのひとつ。オープンキッチンにある「ヌードルバー」では、2種のヌードルを提供。一杯ずつ、アツアツをその場で作ってくれる。

できたての「ラクサヌードル」は、麺のコシはもちろん、ココナッツミルクのまろやかさと、エビのエキスのこってりとした旨味がたまらない。ピリリとした香辛料も相まって、あとを引くおいしさだ。

ビュッフェ デザート

思い思いのメニューを堪能したら、充実した南国風デザートをゆっくりと楽しむ。まるでリゾートに来たかのような幸福感だ。

素晴らしい見晴らしで、リゾート気分!

単品のヌードル

店の奥には、これまた大きな窓で、見晴らしの良い半個室もある。都会にありながら、この開放感は、貴重な空間だ。

ランチタイムは女性が多いが、ディナータイムには年配の男性も訪れ、東南アジア各国のエスニック料理を楽しんでいく。パーティや歓送迎会での利用にも便利な広々とした空間。10名以上で訪れ、思い思いの時を楽しく過ごしていく団体のお客さまも多いという。

マロニエゲート11階の「シンガポール・シーフード・リパブリック」で、ちょっとしたリゾート気分を味わうのはどうだろう。

シンガポール・シーフード・リパブリック

住所 中央区銀座2-2-14 マロニエゲート11F
アクセス JR有楽町駅から徒歩3分
TEL 03- 5524-7615
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし(マロニエゲートに準ずる)
中央区銀座2-2-14
有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。