お返しギフトにも、ちょっとしたお礼にもOK。この春オススメ!オトナのこだわりハンカチ。


ハンカチショップ外観

春の送別シーズンに、お世話になったあの人にギフトを。贈る側はもちろん気持ちを込めたとっておきを吟味しますが、贈られた側も喜ばれるお返しをしたいもの。とはいえ、お返しギフトはまとまった数を購入することが多く、リーズナブルで、なおかつ普段使いできるようなものがマスト。そこで「阪急メンズ東京」から、お返しやちょっとしたお礼に適した定番ギフトのハンカチの提案です。他店とは一線を画すこだわりや質の良さに定評がある阪急メンズ東京だからこそ、「さすが」と惚れ惚れしまうハンカチをご紹介しましょう。

3月18日(水)オープンの「ハンカチショップ」では「H TOKYO(エイチトーキョー)」期間限定販売!

HTOKYOより

送別シーズンのニーズに応え、3月18日(水)よりB1Fエスカレーター前に特設の「ハンカチショップ」がオープン。豊富なラインナップの中で、ハンカチ専門店「H TOKYO(エイチトーキョー)」は見逃せません。

世田谷、三宿にあるハンカチ専門店として展開する同店は、メンズメインのセレクションで展開するショップ。普段から身につけ、持ち歩くアイテムだからこそこだわりを持ってほしいという想いからオープンしました。

画像03

ダークトーンにやや傾きがち、なおかつデザインも決まったスーツやシャツといったメンズビジネススタイルにおいて、小さなアイテムだからこそ楽しみながら遊び心満載でデザイニング。素材やカラー、デザインのバリエーションも豊富な同店。期間限定で今だけしか購入できないとあってプレミアム感あふれるシリーズです。

画像04

今年のイチオシは、女性にもおすすめなお弁当シリーズとポップシリーズ。愛らしいイラストやロゴ、ドットなどをセンス良くデザインしました。スマートなビジネススタイルにちょっとした遊びを、あるいはホリデースタイルにプラスして楽しんでみては。

シンプルながらも上質さで一線を画す。阪急オリジナルやシーアイランドコットンは業種や年代問わずおすすめ

画像05

「遊び心はプラスしたいけれど、ビジネスシーンに馴染みやすいハンカチを」という方には、ブルーのチェックが爽やかな阪急オリジナル「ハッピーモチーフハンカチ」を。業種や年代を問わず使い勝手が良いシリーズです。

画像06

ワンポイントのモチーフは4種類。男性にも女性にも好まれる控えめなデザインが好印象です。

画像07

柄が入っていないシンプルなハンカチをお求めの方には、シャツと同素材で作られたシリーズを。こちらも阪急オリジナル。近くで見るとストライプになっていることがわかる“効かせ技”もセンス抜群。その日のシャツに合わせてコーディネートしてみては。

画像08

シーンを問わず使いやすく登場回数が多いメンズハンカチといえば「白」。阪急メンズ東京では、上質なコットン素材に代表的なイニシャルを刺繍したオリジナルシリーズを展開(提供されているアルファベットは写真をご覧ください)。ただイニシャルを入れただけでなく、すべて異なるデザインモチーフとしてプラス。阪急メンズ東京らしいセンスです。

画像09

また、白のハンカチの中でも、さらに質の良さにこだわりたい方には、“幻のコットン”と呼ばれている「シーアイランドコットン(海島綿)」のハンカチを。カリブ海の風と太陽が育んだ“神の贈り物”シーアイランドコットンは、西インド諸島バルバドス・アンティグア・ネービス・ジャマイカ・ベリーズという限られた5つの地域のみで生き続ける世界最高級の綿。カシミヤのような肌触りと絹のような光沢を特徴に持ち、商品化にあたっては品目ごとに業界トップクラス1業者のみが製品化を担当。厳格な品質・縫製管理基準のもとに作られたことを証明する「西印度諸島海島綿」のロゴマークがつけられています。こだわり派にピッタリの商品です。

画像10

「ハンカチショップ」期間終了後も、B1Fレジ横にてハンカチコーナーが常設されているため、期間限定品以外はいつでも買い求めることができます。見やすく手に取りやすいディスプレイにもこだわった阪急メンズ東京ならではの、大人の男性にふさわしいハンカチをライフスタイルに取り入れてみては。

阪急メンズ東京

住所 東京都千代田区有楽町2-5-1
アクセス JR有楽町駅 銀座口 徒歩1分
TEL 03-6252-1381
URL http://www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。