作家の池波正太郎も通った、有楽町「慶楽」スープ炒飯がうまいと話題


有楽町には文化人が集まることでも知られていますが、
作家の池波正太郎、吉行淳之介らが贔屓にしていたという中華料理店が「慶楽」。

たくさんあるメニューの中でもしっかりと炒めたチャーハンに、スープをかけた「スープ炒飯」を好んで食べていたのだとか。

MOMOさん(@613momo)がシェアした投稿

ちょっと珍しいメニューです。

炒飯は、中華鍋の中で踊るようにご飯を煽り、「パラパラ加減が命」と耳にしますが、
しっかり炒めた炒飯にスープをかけるとは、大胆な発想が面白い!

インスタでもかなりの人が注文していました。

shonaさん(@hyonaism)がシェアした投稿

澄んだスープにパラパラチャーハン、彩りを添えるエビが美味しそう

@i.nori_jpがシェアした投稿

以外とさっぱりと食べられるようで、一度食べたらやみつきになる人も!
リピーターも多いようで、他店ではなかなか見かけないスープ炒飯。有楽町にきたらぜひご賞味あれ。

(有楽町トゥデイ編集部)

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。