行列のパン店「セントル ザ・ベーカリー」最高の食パンと究極のサンドを召し上がれ!

 

 

最高の食パン、究極のサンドイッチを求める客で連日行列をなす「セントル ザ・ベーカリー」をご存知でしょうか。

有楽町駅から徒歩3分、銀座一丁目にあるベーカリーが話題を集めています。

 

 

emisさん(@emis327)がシェアした投稿

 

銀座一丁目に位置する「セントル ザ・ベーカリー」の目玉はなんといっても食パン。

 

食パンとは思えない、一斤1キロの重さ。ぎっしりと中身が詰まっている証拠。

 

購入までに30分〜1時間ほどかかるため、整理券が配布されます。

整理券一枚で3斤まで購入できるシステム。

一回の買い物で「6,000円使った」という投稿も寄せられるほど、焼き上がりの香ばしい香り、見た目にも美しい最高の食パンを前に財布の紐が緩んでしまうようです。

 

「セントル ザ ベーカリー」は食パンの購入だけではなく、併設するカフェでは、パンの食べ比べができるんです。

シンプルにパンとバターで小麦の味わいをご堪能あれ!

 

Yokoさん(@yoko_velvet)がシェアした投稿

 

カフェでいただけるフレンチトーストにバニラアイスをチョイス…美味しそう。

 

maho yさん(@maholiday)がシェアした投稿

 

フルーツぎっしりのフルーツサンドも。贅沢な厚みにうっとりしてしまいます。

 

 

サンドイッチは電話予約でテイクアウトも可能。あらかじめ電話予約をしておくとスムーズです。

 

Yayoiさん(@y_march_san)がシェアした投稿

バリエーション豊富なので迷ってしまいますね。

 

 

自宅で最高の食パンが食べられる幸せ。

たまには美味しい食パンをメインに構成した食卓もgood!

 

 

最高の食パンを手に入れたら、こだわりたいのがトースター。

今話題の人気メーカーのトースターとの相性は抜群のようです。

 

話題のアラジントースターで焼けば極上のトーストに。

 

 

アラジンと人気を二分するバルミューダのトースター。蒸気でカリッ&もっちり食感がたまりません。

 

sanaさん(@sanaloha881)がシェアした投稿

 

食べログに掲載されている店舗からのコメントによれば、
・購入までには30分~1時間程度
・列に並んで”番号入り受付カード”を受け取る
・一枚で一日お1人3本まで購入可能
・購入は現金のみ
とのことですので、買いに行かれる方はご注意を!

また、レストランのご予約も可能で、平日は1週間前、週末祝日は2週間前に埋まるとのこと。早めの予約が安心です。

 

小麦の味わいを存分に堪能できるセントルザベーカリーの食パン。

一度食べたら忘れられない食パンをぜひご堪能あれ!

 

セントル ザ・ベーカリー

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13157424/

(有楽町トゥデイ編集部)

 

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

銀座NAGANOで買える!長野の「牛乳パン」って知ってる?

 

全国のアンテナショップがひしめく銀座・有楽町エリア。
今回は長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」で買える、ちょっと珍しいパンを紹介します。

 

@cnya0990がシェアした投稿

長野県内のスーパーマーケットではよく見かける白地にレトロな絵柄が入ったパッケージ。
長野県出身のアラフォー筆者も、物心がついた頃から食べており、おやつに、ランチによく食べたパンです。

 

長野市周辺の北信地方では小林製菓の牛乳パンをよく見かけます。

 

ゆきさん(@yuki1466)がシェアした投稿

断面はこんな感じ。
ふかふかの厚みのあるパンに、絶妙なバランスでミルククリームがサンドされています。

 

モンパルノ製の牛乳パン。

 

種類がありますねー!

 

 

 

こちらは長野県でいう南信地方、木曽エリアで販売されている牛乳パン。

 

 

タムラヤ製とコーヒー牛乳パンなるものも。

 

 

こちらは長野県内で購入したという牛乳パン。
あんずジャムがサンドされた進化系もあるようです。

 

 

長野県の北信地方の観光地と言えば小布施町。
この地域で古くから飲まれているオブセ牛乳も有名です。

 

 

オブセ牛乳を使ったゴーフレットも絶品。
余計なものを使っていない素朴な味わいは、子どもも安心して味わえるのが嬉しい。

 

@__mondenkind__がシェアした投稿

銀座NAGANOでは、「牛乳パンTシャツ」も販売されているようです。着てたら話題になること必至!
有楽町、銀座にはたくさんのアンテナショップがたくさんありますが、長野県内で昔から愛されている「牛乳パン」をぜひ一度ご賞味あれ!

 

(有楽町today編集部/信州りんご)

 

 

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

インスタ映え!「GINZA SIX」(ギンザ シックス)がフォトジェニックだと話題に

 

「館内まるごとアート」、と噂のGINZASIX。
誰でも気軽にアートに触れられるとカメラ女子などを中心に話題を集めています。

のちゃさん(@nocha1630)がシェアした投稿

 

館内の中央に位置する吹き抜けを大胆に使って、草間彌生氏の《南瓜》が飾られています。

見る角度によっていろんな表情を見せるオブジェ

 

ETSUさん(@dominica0402)がシェアした投稿

 

 

mikiさん(@mu_me_mo)がシェアした投稿

モードを切り替えればこんな雰囲気たっぷりのショットも撮れる

 

@_nora._.nora_がシェアした投稿

 

上から見下ろすとまた違った表情が楽しめます

 

 

他にも館内には随所にアート作品が散りばめられていますので、GINZASIXで見つけてみてくださいね!

 

 

ENOTECAらしいワインボトルのオブジェ。

Sweetさん(@swcathy)がシェアした投稿

精悍な佇まいのGINZASIX

 

a-chaさん(@hanohanon)がシェアした投稿

 

訪れる時間帯によっていろんな表情を見せてくれるGINZA SIX。

カメラを片手に館内をくまなく歩いてみるのも楽しそうです。

 

(有楽町トゥデイ編集部)

 

 

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

一番人気はオリジナルメニュー!有楽町イトシア「東京カレー屋名店会」

 

カレー店の多い地域はどこかご存じでしょうか?

全国でいえば、東京や横浜、大阪、福岡、札幌など大都市に集まる傾向にあり、都内では主に、神保町と銀座にカレー店が集まっています。つまり、我らが有楽町周辺はカレーの聖地ってこと!

そこで「有楽町today」では、有楽町周辺(銀座、新橋、東京など)のカレー店と、カレーの魅力を紹介していきます。

今回は、有楽町イトシア地下1階にある「東京カレー屋名店会」に行ってみました!

5つの名店が勢ぞろい「東京カレー屋名店会」

「東京カレー屋名店会」とは、複数の名店が一堂に会したカレー専門店で、秋葉原・東京ソラマチ・池袋などにも店舗があります。有楽町店では、「エチオピア」「デリー」「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」「ビストロ喜楽亭」「共栄堂」の5つの名店が集結。5店のカレーを一度に味わえる「5店盛りコンボカレー」があるなど、名店巡りを気軽にできるのが特徴です。


▲店内はカウンター席のみ

ちなみに「東京カレー屋名店会」が誕生したきっかけは、2007年の横濱カレーミュージアム閉館にあります。ファンに惜しまれながらも、カレー専門のテーマパークがなくなってしまったことで、ライバル店同士が結束することになったといいます。

実は、オリジナルメニューが人気!

そんな名店のカレーを一堂に味わえるお店ですが、有楽町店で一番人気のメニューは、なんと「東京カレー屋名店会」のオリジナルのカレーなんです!

それが「名店会ビッグチキンカツカレー」(税込880円)。お皿にどーんっとのった大きな1枚肉の鶏むね肉のカツは、食べごたえ抜群です。お好みでとんかつソースをかけていただきます。

 

改良を重ねたというおろし玉ねぎをふんだんに使ったカレーは、ややスパイシーですが、バターを使うことで甘みやコクを生かしています。付け合わせは、ごぼう、きゅうり、大根のピクルスで、またセットにサラダがついてきます。

 

チキンカツはビールとの相性も◎。「ビールでカツをつまみながら、最後はカレーで〆るお客さんもいらっしゃいますよ」と店長・水谷崇宏さん。仕事帰りに、ちょっと一杯という時におすすめしたい食べ方です。

続いて紹介するのが、女性に人気のメニューである「牛すじと野菜のカレー」(税込990円)。

 

辛さ控えめのビーフカレーのカレーソースに、じっくり煮込んだ牛すじと野菜をトッピング。野菜は、ニンジン、ブロッコリー、ナス、しめじ、カボチャ、ピーマン、ニンニクの芽、ジャガイモと、カレーポットを彩り豊かにしてくれています。牛すじは柔らかく煮込まれていて美味。これらの上から、ガラムマサラ(※)を振りかけて、スパイスの香りを立てています。

※ガラムマサラ…いわゆるミックススパイスのこと。辛味よりも香りをつけるために使われる。

 

このメニューを考案したのは店長の水谷さん。「有楽町イトシアさんは、女性のお客様が多いので、女性の方に喜んでもらえるよう野菜を多めにしました」とのこと。肉も野菜も両方食べたいという欲張りな女性も満足できる一皿です!


▲テイクアウト用のお弁当

どちらのメニューも有楽町店限定です。そのほかにも、ランチ限定メニューやディナー限定メニュー、テイクアウト用のお弁当もあります。

「東京カレー屋名店会」のメニューは、なじみのある欧風カレーがベースなので、カレーの食べ歩き初心者でも入りやすいお店ではないでしょうか。ぜひ、名店の味だけでなく、オリジナルメニューも味わってみてくださいね。

<店名>
東京カレー屋名店会
<住所>
東京都千代田区有楽町2-7-1 B1F
<営業時間>
11:00~23:00
<定休日>
不定休(有楽町イトシアに準ずる)
<URL>

 

http://www.itocia.jp/shops/index?shop_id=30

 

【ライター紹介】


名久井梨香
フリーライター。毎日カレーを食べる愛好家で、グルメサイトでカレーの連載を持つ。雑誌や新聞、ラジオなどのメディアにも出演。都内だけでなく、全国主要都市のカレーも食べ歩く。現在、カレーパンも研究中。
Twitter @nakuirika https://twitter.com/nakuirika

 

 

 

 

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

有楽町駅前広場の愛称を「有楽町 爽 HAPPY SQUARE」に

4月10日(月)から半年間、有楽町駅前広場の愛称が「有楽町 爽 HAPPY SQUARE」と命名されました。

これは株式会社ロッテアイスと一般社団法人有楽町駅周辺まちづくり協議会のコラボレーションで実現したもの。愛称が付けられるのは、有楽町駅前広場誕生10年目にして初めてのこと。

有楽町はオフィスワーカーが多いエリアであり、「毎日忙しい皆様に、都会の真ん中でも、頭をからっぽにできるひとときを提供したい」という想いから命名されたのだとか。
また、有楽町駅前地下広場では、新CMキャラクターの広瀬すずさんの大型5連貼りポスターが登場。広瀬すずさんの「爽HAPPY」な表情にも注目です!

朝晩の通勤、仕事の疲れを癒してくれそうな「有楽町 爽HAPPY SQUARE」。今後展開されていくイベントが待ち遠しいです。

 

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

【インスタ映え】パラダイスダイナシティ銀座「8色小籠包」が絶品と話題に

 

インスタ映えする8色の小籠包が人気!

利用者が急増しているインスタグラム。近頃では、レストランやカフェを探す時にインスタグラムに載せて見栄えがいい、「インスタ映え」を基準にお店を選ぶ人も増えているのだとか。

女性ファッション誌でも紹介されるなど、インスタ映えすると人気を集めているのが「パラダイスダイナシティ」の8色小籠包。

JR有楽町駅より徒歩3分、銀座駅からは徒歩1分というアクセスの良い好立地。

1階にはガラス張りのキッチンスペースがあり、実際に小籠包を包む様子を見ることができます。
手際よく包んでいく職人技は思わず見入ってしまいます。

杏沙子さん(@asako_ssw)がシェアした投稿

8色小籠包のラインナップは、
・オリジナル
・高麗人参
・フォアグラ
・チーズ
・黒トリュフ
・ガーリック
・蟹の卵
・麻辣

どれも高級食材が使われていて、全てを一つのせいろで味わえるのはうれしいところ。
また、それぞれの味を思いっきり堪能したい場合、6ピース、12ピース単位で注文できるので、気に入った小籠包は追加オーダーして楽しめます。

@fumikokozukaがシェアした投稿

見た目は梅干しのような感じですが・・・

小籠包の他に担々麺もクリーミーで美味しいと評判

お店はこのロゴが目印。

@matton555がシェアした投稿

今までにないカラフルな小籠包は、インスタにアップすると「いいね」されること間違いなし!
カーテンで仕切るタイプのテーブルもあるので、女子会などにも利用できそうです。

パラダイスダイナシティ銀座店
東京都中央区銀座3-2-15 ギンザ・グラッセ1F、B1F

http://www.paradisedynasty.jp/

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

サクサクのパイがやみつき「きゃらめらいず東京」がオープン!

神戸の老舗マキィズがプロデュ―スする新業態「きゃらめらいず東京」が4月25日(火)に有楽町イトシアB1にオープン!

店頭では、砂糖を焦がす=キャラメライズした商品を中心に、これまでにない新しい“ハイブリットスイーツ”が登場。
目玉商品の『シューストライプ』を筆頭に、“きゃらめらいず”された香ばしいスイーツは、これまでに味わったことのない食感。スイーツ好きは必見です。

オーナーの野田良安氏はチョコレートを中心としたスイーツを50年以上手掛けており、「新しく変わった商品開発」をすることで名高く、関西では多くのTV番組等から取材・出演しているのだそう。

店頭では、奔放初公開のオリジナルマシーンでの実演も。“きゃらめらいず”されたスイーツをご堪能あれ!

オープニングプレゼントとして、オープン初日から3日間は600円(税込)以上の購入で、先着100名様(各日)にとても可愛いマキィズオリジナルグッズをプレゼント!
この機会をお見逃しなく。

きゃらめらいず東京/イトシアフードアベニューB1F
http://www.itocia.jp/shops/index?shop_id=58

(有楽町トゥデイ編集部)

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

【進化系】カレー担々麺「虎杖」有楽町にオープン


カレー担々麺の「虎杖」(いたどり)が3月18(土)に有楽町・交通会館B1にオープンしました。
早速、情報を聞きつけて取材に向かった有楽町today編集部。
ありそうでなかったカレー担々麺、気になるお味は?

京都から上陸!カレー担々麺が東京初登場!

以前から京都・四条富小路で、カレー担々麺と肉をメインにした店舗を展開していたという
「虎杖」。この度カレー担々麺の店としては東京初出店。
築地にある系列店でカレーうどんを提供していた流れもあり、担々麺にそのノウハウを生かしたと塩川店長。

「築地をメインに、海鮮丼やお寿司を食べられるお店を展開しておりまして、社長のアイデアで裏メニューとしてカレーうどんを始めたのがきっかけです」(企画室橋本さん)

築地のカレーうどん以外にも麺の種類を増やそうと、辛さがクセになるようなラーメンを目指して担々麺を開発。
カレーうどんの“カレー”と辛いラーメンの代表と言える“担々麺”を組み合わせたらどうだろうと試作を重ねたところ、これが大好評!
そこからがカレー担々麺が誕生したのだそう。

キャッチコピーである「日本が育てたラーメン文化の進化系」という名の通り、新たなラーメン文化との出会いになりそうです。

インドに中国、日本の融合「カレー担々麺」いざ実食!

一見、想像がつかないカレーと担々麺。
どんな味との出会いになるのか……いざ実食!

ほんのりスパイシーな香りがたつカレー担々麺が到着。深めのどんぶりに、XO醬を効かせたというひき肉と白髪ねぎが山をなし、ラー油の赤ときれいな青みを保った青梗菜が彩りを添えます。

まずはスープを一口。
ラー油が浮かぶさらりとしたスープに、担々麺特有の辛味と胡麻香るラー油が溶け込んだ旨味のあるスープ。最後まで飲み干すことができそうなほど、最適なあっさり感。つるりと食べやすい中細麺が、程よくスープを纏っています。

一般的な担々麺とは違い、どちらかといえばさっぱりとしたスープで、担々麺の味わいの後にスーッと爽やかなカレーの風味が際立ちます。

バリエーションも豊富で、豚しゃぶやパーコーが乗ったボリューム満点な担々麺から、きのこや小海老天ぷらの女性好みのトッピングもあり。

また、併せて食べたいご飯ものも充実! 食べやすくスライスしたローストビーフがたっぷりの「肉盛丼」はぜひ食べたい一品。
また、夕刻からはビールやおつまみもあるので、軽く晩酌を楽しみシメにカレー担々麺を食すのも乙なもの。

担々麺の味わいに、後からやってくるカレーの爽やかな辛味は病みつきに。これぞ新感覚!というべき、ありそうでなかった「虎杖」のカレー担々麺。
場所は、東京交通会館のB1です。

(有楽町トゥデイ編集部)

虎杖
http://www.itadori.co.jp/menya-itadori.html

東京交通会館
東京都千代田区有楽町2丁目10−1−B1

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します

【大人気】函館のチーズケーキを東京で!「ペイストリースナッフルス」チーズスフレが絶品

北海道土産の定番になりつつある函館の人気洋菓子店「ペイストリースナッフルス」のチーズケーキ「チーズスフレ」が東京でも買えるんです!

JR有楽町駅から徒歩0分、東京交通会館の1Fに店を構える「ペイストリースナッフルス」。
国内では道外初の一号店です!

すぎゃおさん(@sugyao)がシェアした投稿

一番人気はなんといっても「チーズオムレット」。
口の中でとろける濃厚なクリームチーズがたまりません!!

銀座三越などの物産展でも人気のようですが、有楽町にくればいつでも購入できるんです。

「蒸し焼きショコラ」も人気商品、迷ったら両方買ってしまいたい!

Tanio Ozoneさん(@taniotjm)がシェアした投稿

ふっくらとしたスフレは食べやすいサイズ。ティータイムから食後のデザートにぴったりです。

手土産にしたら喜ばれること間違いなしの「ペイストリースナッフルス」のチーズスフレ。
本店さながらのラインナップで、いつでも買えるお店は東京交通会館の1Fです。

ペイストリースナッフルス
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館1階

http://www.snaffles.jp/store/tokyo_yurakucho/

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します