有楽町の情報をもっと知るためのWEBマガジン

グローバルメニューを開く

和モダンに整えられた粋な空間でいただくリーズナブルな和定食!「有楽町 うまやの楽屋」


画像01差替え

最近の日本人の食事情といえば、過剰摂取やバランスの悪さが問題視されており、そのせいか「カラダにやさしい」食材や和食料理が人気上昇!「カラダが喜ぶモノを口にすることがストレスフルな現代を生きる秘訣」という声も少なくないほど。そこでぜひ足を運んでみてほしい「有楽町イトシア」B1Fにある小粋なお店をご紹介します。「有楽町 うまやの楽屋」は、和モダンのセンスあふれる空間でいただく、美味しいものが少しずつ味わえる楽しい定食が話題の和食店です。

「有楽町イトシア」B1Fで展開する、カラダにやさしい和定食と和モダンな空間の美しい彩り

画像02

九州で産声をあげた「うまや」は、地元九州を中心に、全国の「うまいもん」をうまや流にアレンジしたメニューが楽しめる和食店。記念すべき東京進出の「赤坂うまや」の『楽屋』というコンセプトで立ち上げられた同店は、よりカジュアルに本格的な和定食がいただけます。

画像03

「うまや」のディレクションは、三代目市川猿之助さん(現二代目猿翁)。しきたりを重んじる歌舞伎界の中で、スーパー歌舞伎・復活狂言・京劇との合同公演など、新たな挑戦を続けてきた猿之助さんらしく、歌舞伎俳優のカラを破って飲食店を手がけることに。企画から1年を経て「うまや」が誕生しました。

店内のそこかしこに息づく「粋」。「さすがは猿之助!」とうなってしまいそう。といっても、敷居の高さとはまったくの無縁。年代問わず、誰もが気軽に足を運び、上質ながらも驚くほどリーズナブルな料理やお酒が堪能できます。

手の込んだ料理が驚くほどリーズナブル!有楽町にて、上品な時間を上質な和定食とともに

画像04

名物として大人気のオススメは、「うまや」ディレクション担当の猿之助さんにちなんだ「三代目 市川猿之助の楽屋めし」(税込1,600円)。澤瀉屋(おもだかや)の現二代目猿翁が三代目市川猿之助を名乗った当時、楽屋に届けていた弁当をアレンジしたメニュー。少量ずつたくさんの種類をいただける、デザート付きの一番人気です!

画像05

同じく定番として人気が高いのが、「牛たんとろろ定食」(税込1,250円)「大盛り牛たんとろろ定食」(税込1,550円)。薄くスライスされた良質な牛たんを使用した定食メニューで、牛たん好きお墨付きのこだわりの逸品として知られています。

画像06

また、赤坂と羽田に直売所を設けるほど自信を持つ内野宿養鶏場生産「うちのたまご」は、「味わい豊かな旨みが堪能できる」とリピーターが多い大好評の卵。ほかの卵となにがどう違うのか?ぜひ味わって確かめてみることをオススメします!

お酒、とりわけ焼酎と梅酒にもかなりのこだわりが感じられる「有楽町 うまやの楽屋」。和のしつらえが心地よい楽屋に訪れる気分で、カラダが喜ぶ本格派定食を味わってみて。

有楽町うまやの楽屋

住所 千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア フードアベニューB1F
アクセス JR有楽町中央口から徒歩1分
TEL 03-6259-8622
営業時間 11:00-23:00(LO 22:00)
定休日 年中無休(有楽町イトシアに準ずる)
URL http://www.itocia.jp/shops/index?shop_id=19

Page Top