セクシー&ラグジュアリー水着ショップ「MARINA」(マリーナ)が期間限定オープン


 

 

 

梅雨も明けて、いよいよ本格的な夏の到来。バカンスの準備はできていますか?
都内最大級の水着売り場を誇るNISHIGINZAのB1Fに、期間限定でオープンした水着ショップ「MARINA」(マリーナ)
メイド・イン・ジャパンで、ディレクター・デザイナーをしている西さんのこだわりが詰まったハイクオリティ水着が揃っています。

 


ブランドコンセプトは、クルージングに合う水着。
「JETSETTERに愛される上質な素材を使用し、着用するだけでスタイルを美しく魅せてくれるLUXEなデザインを追求しました。大人の女性がより優雅な時間を過ごせるアイテムの一つとして」

大人の女性にぴったりのセクシーラグジュアリーな水着が揃います。
ビーチで映えるビビッドなカラーも。

 

購入する年齢層も幅広く、20代から40代はもちろんのこと、50、60代の女性にも好評なのだとか。また、通販では国内に限らず海外からも注文が寄せられるほどの人気。

 

「トレンドは透け感のあるメッシュ生地のカバーアップに、フェイクレザーを使用したビキニコーデがオススメ」
ビーチやプールから、そのままレストランやバーへ移動することも多いリゾート。水着の上に羽織るだけで、アクティブに動けるカバーアップは必須です。

 

丸いハンガーにかかっている水着は組み合わせ自由。
洋服感覚でコーディネートするのも楽しい。

デザインはもちろん、水着の素材も実際に着用して、肌触りの良いものを厳選しているのだとか。

フェイクレザーのベルトは耐久性を重視。フリンジの装飾もMARINAならではのオリジナル。
実は「MARINA」(マリーナ)のモデルもつとめる西さん。水着が大好きで立ち上げたブランドだけに、機能性とファッション性の融合が実現したと言えそうです。

 

NISHIGINZAB1F「MARINA」(マリーナ)
http://www.nishiginza.co.jp/page/shopguide/detail/?id=119

 

 

(取材・文・/有楽町today編集部)

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。