カフェと本屋の融合!? 情報収集もできるカフェ


biblio0

思い思いに自由に過ごせる癒しの空間

biblio1

「本屋と食堂」の融合をコンセプトに、都心のコミュニティ空間として情報発信もめざすこの店、ルミネ有楽町店3階にある「カフェ&ブックス ビブリオテーク」は、実に魅力豊か。
店作りには一切の妥協ナシ! ランプシェードはアンティークのものを使用し、雰囲気は抜群。座り心地のいいソファも、この店に合わせて統一感を出している。

biblio2

壁いっぱいに並ぶアートブックはすべて自由に閲覧でき、新刊や古書も含め、すべて販売もしている。
映画館も多い有楽町。近隣の映画館と提携しており、半券を見せれば10%オフになる特典もうれしい。映画の前のランチ、観た後の映画談義に花を咲かせたりするのもオススメだ。

「カフェだけの利用でも気楽にどうぞ」
と笑顔で語るのは、マネージャーの吉原さん。お客さまが好きなように楽しんでもらえるように心がけているという。

11~15時のランチ&ブランチタイムは、近隣に勤める女性たちがスペシャルなセットメニューに舌鼓を打つほか、小さな子供連れのママ友が集うことも。女性1人での利用も多い。ランチタイムはさすがに賑やかで活気があるが、平日のゆったりした時間帯は、2時間ほどゆっくり過ごすお客や、パンケーキをシェアしながら、洋書をめくるデートに興じるカップルも。

もちもちパンケーキで至福のスイーツタイム

biblio2

看板メニューは、オーブンで焼き上げる3種類のパンケーキ。ベリーとクリームチーズのパンケーキは、オープンからずっと続く人気の逸品だ。

もっちりしたパンケーキをどーんと3段重ねにした上に、クリームチーズ、アイスクリーム、生クリームがたっぷり。その上に、フランボワーズとブルーベリーが散りばめられ、仕上げにベリーのソース。
フルーツの酸味、チーズのコクが一体となり、ボリュームたっぷりだが一口ごとに新鮮なおいしさが広がる。生地には蜂蜜、ヨーグルトも入っており、ちょっぴりヘルシーに仕上がっているのもうれしいところだ。

ランチメニューは煮込み料理やパスタ、サラダなど多彩で、15時以降には2人以上で分け合えるシェアプラン もある。

テイクアウトもあり、中にはお店では味わえないテイクアウト専用メニューもあるので、ぜひチェックしてほしい。

まるでミュージアムショップ!?アートなグッズも充実!

biblio2

カフェだけでなく、グッズ販売にも力を入れているこの店。メーカーとの直接取引や委託、買い上げなど、多彩な仕入れルートで、独自にセレクト。ミュージアムショップのような品揃えを目指しているだけあって、他のお店では簡単には出会えないレアものもたくさんある。
このところ人気が高いのは、「D-BROS(ディーブロス)」のフラワーベース。ビニール素材で柔らかく、色・柄も多様。透明ボディなので飾る花の種類も選ばない。折り畳めばコンパクトになるので、新居祝いやお見舞いにも人気を呼んでいる。
もうひとつオススメなのは、「H TOKYO」というハンカチメーカーのオリジナルハンカチ。昨年はパンケーキの刺繍入りのオリジナル商品を製作。男性にも人気が高く、ギフトにも最適だ。
オープンから3年目に入ったばかりだが、カフェとして、雑貨屋として、訪れる人々は思い思いの楽しみ方を見つけているようだ。

カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町

URL http://www.bibliotheque.ne.jp/
住所 千代田区有楽町2-5-1 ルミネ1 / 3F
アクセス JR有楽町駅銀座口より徒歩1分
TEL 03-5222-1566
営業時間 11:00~21:30(土日祝は~21:00)
定休日 なし(ルミネ有楽町に準ずる)
千代田区有楽町2-5-1
有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。