ジューシーでフレッシュな味わいを楽しんでほしい!有楽町エリア3施設合同「フロリダグレープフルーツフェア」開催


s_画像01

(このイベントは終了しました。)

女性を中心にファンが多い柑橘系フルーツ。中でもグレープフルーツ、それも生産量No.1のフロリダ産は、甘みがありながらも甘すぎず、ジューシーでフレッシュな味わいが楽しめることからお料理やお酒にも登場機会が多いフルーツです。でも、「缶酎ハイや飲食店などで楽しむことは多いけれど、そのまま食べることが減ったかも」という人もいるのでは?そんな人たちに「フロリダ産グレープフルーツの美味しさをもっと知ってほしい」と、2015年2月20日(金)~3月8日(日)、有楽町エリア3施設合同「フロリダグレープフルーツフェア」が開催されます。

プランタン銀座・有楽町イトシア・マロニエゲートが参加決定!
フロリダ産グレープフルーツの美味しさに出会えるイベント

s_画像02

現在の日本市場に出回っているグレープフルーツの内、6割がフロリダ産。旬は11月~6月で、この時期にスーパーや飲食店などで目にするグレープフルーツはほぼフロリダ産のグレープフルーツといわれています。ジューシーで瑞々しく、糖度と酸味のバランスが良い特徴を持つため、そのまま食べるのはもちろん、ドリンクにしたり料理に使用することにも最適です。

今回のフェアに参加するのは、プランタン銀座・有楽町イトシア・マロニエゲート。各施設ともそれぞれ出店店舗ごとに趣向を凝らしたメニューが展開されるため、グレープフルーツの意外な味わい方や調理法など、可能性豊かな奥深い魅力に出会えるはず。

2月26日「フロリダ産グレープフルーツの日」にはなんと豪華有名人ゲストが有楽町に登場!

s_画像03

一昨年も大好評だった同フェアの陣頭指揮を取るのは、フロリダ州政府柑橘局日本代表事務所。同州政府機関であるフロリダ州政府柑橘局(通称:FDOC)の日本事務局で、日本の消費者にフロリダ産グレープフルーツをはじめとした柑橘系フルーツの魅力を知ってもらえるよう、広告・宣伝など販促活動を展開する非営利団体です。

s_画像04

期間中、フェア参加店舗によるメニュー提供のみならず、さまざまなイベントを開催するとあって、綿密なミーティングが行われています。フロリダ産グレープフルーツの一番旬の時期「2月」と、フロリダの“フロ”と読ませる語呂合わせ「26」から2月26日に制定された「フロリダ産グレープフルーツの日」には、なんと豪華有名人ゲストも登場するとか。

s_画像05

「訪れてくださったみなさんに『来て良かった!』『また来よう!』と思ってもらえる仕掛けを考えています」という事務局担当者・大場さんの言葉にはワクワク感いっぱい。どんなイベントが行われるのか?今から乞うご期待!

「少しでも多くの人に『フロリダ産のグレープフルーツってこんなに美味しいんだ!』という魅力を知ってほしい」との想いが込められたフロリダグレープフルーツフェア。毎回大好評の「食べてうれしい・参加してうれしい」フェアに足を運んでみてはいかがでしょうか。

有楽町トゥデイ編集部
有楽町today編集部が有楽町についての情報を発信します。