10円カレーチャリティに行ってみた「日比谷松本楼 本店」イベントレポート


2017925日に日比谷公園内にあるレストラン「日比谷松本楼 本店」で、「松本楼創業114周年 第45 10円カレーチャリティ」が行われました。

これは10円以上募金してくれた人を対象に、先着1,500人にビーフカレーを提供するチャリティイベントです。

毎年925日に実施し、多くのメディアに紹介されることから、この「10円カレーチャリティ」は全国に知れわたり、もはや秋の風物詩となっています。今年の寄付金は、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて、飢餓や水不足に直面している世界の子どもたちに送られます。

「日比谷松本楼 本店」の歴史と「10円カレーチャリティ」の詳細はこちら

当日は天候にも恵まれ、平日にもかかわらずイベント開始前の1030分にはすでに1,200名の行列ができていました。

先頭に並ぶ埼玉県さいたま市在住の60代の男性は、前日24日の午前1030分から並んでいたそうで「昨年初めて参加し、前日の16時頃から並び始めたら10番目でした。今年こそは1番になりたかった。カレーは味わって食べたい」と意気込みます。

▲オープニングセレモニーの様子

1045分からオープニングセレモニーが始まり、4代目社長である小坂文乃さんからご挨拶がありました。立教大学の吹奏楽部とチアリーディング部によるパフォーマンスもあり、盛大な雰囲気の中「10円カレーチャリティ」がスタートします。

▲入口で10円以上の募金をします

▲見事10万人目だった方と記念撮影

 

また過去44年間の総入場者数は99,505名に及び、今回で累計10万人を突破。495番目に並んでいた女性が累計10万人目になり、記念としてフランス料理の招待券がプレゼントされました。ほかにも協賛企業により先着30名にはワインが、「創業114周年」「第45回」の開催にちなんで、整理番号下2桁が14番と45番の方には協賛企業のオリジナルグッズなどが贈与されました。

待ちに待ったビーフカレーは、ひと口大のサイズにカットされた牛肉がやわらかくなるほどじっくりと煮込まれ、煮溶けた牛肉の繊維もカレーソースの中にたっぷり。じわじわとくる奥深い中辛に仕上がっていました。

▲この日限定で「日比谷松本楼」のレトルトカレーが特価に

イベント参加者からは「また来年も参加したい!」「1年でも長く続けてほしい!」などの声が挙がりました。次回は、2018925日に開催予定です。

【イベント詳細】
「松本楼創業114周年 第45 10円カレーチャリティ」
<日時>2017925日(月)午前11時~
<店舗>日比谷松本楼 本店
<先着>1,500
<条件>10円以上募金すること

【店舗情報詳細】
<店名>日比谷松本楼 本店
<住所>東京都千代田区日比谷公園1-2
TEL03-3503-1451
<ホームページ>http://matsumotoro.co.jp/

名久井梨香
フリーライター。毎日カレーを食べる愛好家で、グルメサイトでカレーの連載を持つ。雑誌や新聞、ラジオなどのメディアにも出演。都内だけでなく、全国主要都市のカレーも食べ歩く。現在、カレーパンも研究中。
Twitter→https://twitter.com/nakuirika